• 1975年9月19日生

    大阪府・門真市で生まれ、その後
    父の実家である兵庫県・丹波市へ移住

    幼少より弱虫・泣き虫だったが
    当時珍しかった「一人っ子」だったため
    孤独に強かった。
  • 小学2年生時に初めて連れて行ってもらった甲子園球場に
    魅了され、それ以来阪神タイガースと高校野球ファンとなる。

    プロ野球選手を目指して少年野球部に入部したかったが、
    父に体力のなさを指摘されて空手道場に通う。

    その傍らで通った「そろばん塾」では為替取引の基礎を学び
    現在の投資生活に大いに役立っている。
    しかし、整理整頓ができず、行動力の乏しい小学生だった。
    ▼小学生の時の成績表
    遊びといえば、野球かゴルフ。
    そしてファミコン含めてコンピューター関連。
    そして父から与えられた「世界地図」鑑賞。
    将来、このどれかで生きていけたらと密かに目標を抱いていた。
  • 中学入学と同時に、ようやく野球部に入部。
    しかしここで技術と体力のなさに気が付かされる。
    レギュラーポジションの奪取は夢のまた夢。
    そんな現実とともに周りからの「お前には無理だ」の
    声に反応し、練習をしない日々が続く。

    学力もよくて中くらい。
    できないのを自分以外のせいにして、周りに不満を言う毎日を送る。
  • 初めて自分から積極的に取り組んだ

    転機が訪れたのは1990年5月1日(中学3年時)

    出たくもない校内陸上3000mに出場が決まり何気なく
    1日だけ練習してみた。

    たった2kmだったが、初めて自分で何かに積極的に取り組めた。
    そして本番では自分なりに走り切れて、
    これから何かが変わりそうな予感がした。

    野球部では引退間近だったが、そこから2ヶ月間、早朝練習前に走り込んだ。
    そうすると打球が外野の頭を超え始め、試合にも出られるようになってきた。
    でも残念ながら最後まで野球ではレギュラーにはなれなかった。

    そんな私を見ていたのが、当時の社会の先生で陸上部の監督。
    秋の駅伝大会のメンバーにならないかと声をかけてくださった。
    生まれて初めて誰かに「期待」をされた瞬間だった。

    積極的に取り組めば、必ず道は開かれる

    やらされるのではなく、自主的に積極的に取り組めば、必ず道は開かれると確信し、それまで中途半端だった勉学も真面目にするようになった。

    秋には野球部時代の同級生を押しのけ、駅伝大会に出場。勉学の成績もメキメキと向上した。
    ▼中学生の時の作文
    走りこみすぎて足を怪我するも、素晴らしいマッサージ師に出会い、金言を頂く。

    「今から3年間頑張って一生を楽しむか、3年間
    サボって一生苦労をするか、お前ならどっちを選ぶ?」

  • こうして、がむしゃらにやってみようと高校生活に入った。
    「これから絶対コンピュータの時代が来る」とNTTに勤めていた父の一言で普通科進学を取りやめて、商業科を選択。

    プロ野球選手になることよりも、自分を変えてくれた駅伝に取り組むことを決意。
    とにかく勉強も部活も「気違い・クレージー」の領域だった。
    ▼高校生の時の成績表
    ▼高校学業資格表彰
    2、3年生時の担任先生の

    「人生は一回しかないんだから、
    とことん挑戦しなきゃダメだ!」

    が後押ししてくれた。
  • 大学受験は学校創立60年以上、誰も合格したことがなかった関西私立大学に合格。
    ▼大学受験合格の通知書


    駅伝では1年生時に兵庫県大会でブービー(35位)だったチームがベスト8に躍進し、近畿大会に出場を果たす。
    サクセスストーリーは、えげつない「練習量」と「自主性・積極性」で完成すると確信し、今現在でも何をやってもクレージーだ。
    あの3年間があるから、今のライフスタイルがある。
    「それはちょっとやり過ぎでしょ?!」という取り組みが、
    素晴らしい出会いをもたらしてくれた。
    大学生活はテーマを変えて過ごした。

    「努力だけでは世の中は渡れない。
    要領よく立ち回って、結果を出す」

    講義にはほとんど行かず、極力努力しないで結果だけを求めた。
    学業はギリギリ卒業というレベルに終わり、
    高校から続けてきた駅伝は散々な結果に終わった。
    ▼大学時の成績
    ▼卒業証書
    自分で決めたテーマとはいえ、こういう過ごし方をした自分に後悔している。
  • 就職し、社会人となってまた
    「クレージー」な自分を取り戻した。

    兵庫県・丹波市の実家から歩いて3分の、
    中小企業で10年半過ごした。

    誰よりも早い時間に出社して、情報を先取りした。
    会社の隅々まで覚えてやろうと、誰かれなしに聞きまくった。
    間違っていると思ったら、大先輩であろうと意見した。
    その間、趣味も満喫した。

    憧れだったゴルフの聖地、セントアンドリュースで
    ラウンドもした。
  • そんな中で人生2度目の転機が訪れる。

    入社8年目の31歳の時に
    「そろそろ日経新聞を読めるようになりなさい」と上司から業務命令が出た。
    営業部に配属されていたので、当然のスキルだった。

    しかしそれまでスポーツ新聞しか読めなかった私は、取引先の専務に助言を求めた。

    「株式投資をすれば読めるようになる」

    それが答えだった。

    独学ではバクチになりそうだったので、大阪にある株式投資スクールに2年通った。
    ほぼゼロからの出発だったが、勉強が本当に面白くて楽しかった。
    日経新聞が読めるどころか、世の中の流れまでわかるようになった。
  • しかし、残念ながら基本的なことしか教えてくれなかった2年間は運用がマイナスになった。

    そして株式投資スクールとは、勝てるように教えればもうお金を払ってきてくれなくなるという隠された方針にも気がつかされた。
    これは「教育」という観点で見れば本末転倒であり、「勝ち方や稼ぎ方」を実践的に伝えたいという私の人生観に反するものだった。
    スクールを辞めて、それまで教わった基礎を元に勉強し直した。

    そして、「SMAPP投資法」が誕生し、
    3年目から運用がプラスになった。

    自分で生きていける「スキル」を身につけて、会社を辞めた。
    もともとコンピューターの仕事がしたかったので、中国・大連に渡り、語学留学をしながらIT企業に勤め、株式投資も順調だった。

    寝る間も惜しんだ「クレージー」な生活がやはり合っていた。
    このままこの生活が続くと最高だった。
    そんな時、父がうつ病になった。

    電電公社(現NTT)に入社時は黒電話だった仕事が、インターネットに進化したのが大きな原因だった。

    私は全てを捨てて、帰国を余儀なくされた。
    介護に明け暮れ、また就職するという選択肢はなくなった。
    株式投資と、そのコンサルタントという仕事が合ったから乗り切れた。

    しかし、生きる希望を失った父は、3年後に自ら命を絶った。

    サラリーマンを定年まで続けて老後は悠々自適というストーリーは私の中で完全に崩壊した。
    やりたいことを片っ端からやらないと損だと確信した。
    そして中学時代に自分を変えてくれた「走る」ことをもう一度やってみようと思った。
    小学生の時に父から与えられた世界地図をベースにやろうと決めた。
  • そんな中選んだのが、南極・北極・エベレスト・北朝鮮のマラソン挑戦だった。

    やるからには「クレージー」な訓練と
    「失敗は許されない」背水の陣の覚悟を持った。

    10週連続フルマラソン出場や4週連続100kmマラソン出場を達成。
    24時間マラソンや208キロ・330キロマラソンも完走した。

    最終的には日本最長マラソンである「本州縦断(青森〜下関)1521kmマラソン」も706時間で完走できた。

    やったことがない人からの
    「そんなの無理無理!」という意見を全て跳ね返した。

    最終的に、極寒の南極マラソン(100km)と北極マラソン(フルマラソン)を日本人ひとりで乗り込んで完走した。
    ▼南極マラソン 動画
    ▼北極マラソン 動画
    酸素濃度が地表の半分だったエベレストマラソン(フルマラソン)も耐え抜いた。
    賛否両論だった北朝鮮での平壌国際マラソンもメディアに取り上げられた。
    ▼北朝鮮マラソン 動画
  • 無我夢中で駆け抜けた「極地マラソン」挑戦の3年間であることを確信した。
    「走るコーチ」は無数にいるが「経済力と時間を作るコーチ」は私しかいないということだ。

    こうしてSMAPP投資法のコンサルタントを2016年夏より再開した。

    同時に新しい取り込みも行っている。

    エベレスト登頂時に、144カ国に訪問したという人に出会い、

    「100カ国訪問すれば、人生観が間違いなく変わる」

    と助言を受け、こちらも2016年夏より挑戦している。
    わずか1年半ですでに80カ国以上を訪問し、2018年中には100カ国達成見込みである。
    人生の最終目標は「株式投資の学問化」
    「学問のすすめ」を提唱した福沢諭吉の現代バージョンだ。
  • 一人でも多くの人たちの「人生のステップアップと夢実現」の手助けになることが、私の「使命」である。