ASEAN経済視察・フィリピン

インドネシア・ジャカルタから、、

 ©️Google

 

 

フィリピン・マニラへ。

 

 

 

二日間に渡って、経済視察をしました。


 


 


 

 

 

インドネシアとフィリピン、、

 

 

行くまではそんなに違いはないだろうと思ってましたが、、

 

 

 

やはり実際に行くと、見ると聞くとではエライ違いです!


 

 

 

 

まず大きいのは宗教が違うこと。

 

 

 

イスラム教徒が多いインドネシアは、お酒をあまり飲まないことや、6月に断食がある。

 

 

キリスト教徒が多いフィリピンは、妊娠中絶がほぼないので、若い人口が着実に増えている。

 

 

その他にも、無宗教の私には衝撃的な事実がたくさん発見できました(^^)

 

 

 

 

フィリピンで印象的だったのは、米食が日本以上に好きなこと。

 

 

マクドナルドに行っても、ライスのメニューがありますし、、


 


 

 

 

フィリピン国内のコンビニの半分を占める、セブンイレブンでも、ライス類のメニューが多彩です。


 


 

 

会社の福利厚生で、「米支給」がある所も存在するくらいなので、、

 

 

フィリピン人の米好きはホンモノです!

 

 

 

 

あと英語教育が日本以上に充実しているので、、

 

 

成人する頃には、ほとんどネイティブな英語が話せるようです。

 

 

GDPの10%が海外への出稼ぎという、日本人には考えられない国際派がそろってます。

 

 

 

 

そんなフィリピンやインドネシアへ、日本企業が進出する理由は、大きく分けて2つです。

 

 

 

・日本に比べて人件費が安い。

 

・現地の法人税が安い。

 

 

 

ごもっともな理由です。

 

 

 

しかしそれで企業としていいのか?と私は思います。

 

 

 

元々、人件費が安いという理由で、中国やタイに進出していた企業は、、

 

 

その後、人件費が上がってきたという理由で、インドネシアやフィリピンにチェンジしてきています。

 

 

税金面でも同様です。

 

 

 

人件費が高いからメリットがない。

 

当たり前の事実ですが、その国で雇用されている人々の事はほとんど考慮されてません。

 

 

給料が上がれば、生活が楽になるのに、、

 

 

上がれば撤退とされてしまったら、働き口そのものがなくなってしまいます!

 

 

 

その国への社会貢献   く   保身

 

 

企業として生き残るために、こういう考えを露骨に示す会社は、、

 

 

将来、何とかショックがやってきた時、一気に業績も株価も悪化させます。

 

 

この「真実」をいかに分析して、見抜いておくか!

 

 

今回の経済視察を通して、あらためて気が付くことができました!

 

 

 

※SMAPP投資法・銘柄研究発表会のお知らせ

 

 

3月20日(月祝)大阪 14時〜17時

  

4月1日(土)東京 10時〜12時

 

6月25日(日)大阪 時間未定

 

夏以降に四国でも開催します。

 

 

入場料は一律お一人、1万円。

(SMAPP投資法受講者・修了者は無料です)

 

 

ご興味ある方は、メッセージ等ください。

 

会場へのアクセスをお知らせします。

 

 

 

facebookしてます!
Kenichi Okazaki | バナーを作成

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中