カンボジア訪問!

目指せ、世界100カ国訪問!

 

21カ国目としてカンボジアにやってきました\(^o^)/

 

 

初日は、「天空の城ラピュタ」を彷彿させる、ベンメリア遺跡


 

パズーとシータが出てきそう(笑)

 

雨季に行ったおかげで植物が生い茂って、いい雰囲気でした!

 

 

つづいて、タイとカンボジアの国境近く、、

 

世界文化遺産、プレアヴィヒア


 

こちらは逆に乾季に来ないと、景色が雨や霧で見えません(>_<)

 

でも薄っすら見える下界は壮大でした!

 

田園から夕陽を見て、、


 

夜はナイトマーケット通りで楽しみました(^^)


 

 

二日目は有名な、、

 

アンコール・トム


 

そして美しい、アンコール・ワット


 

写真では味わえないこの感動、、

 

写真でしか伝えられないこのもどかしさ。

 

ありきたりなセリフですが、、

 

「やっぱり行かないと本当の感動は味わえない」

 

です!

 

 

そして今日は朝から、、

 

郊外の農村を訪問してきました。


 

華やかな観光地だけ行くのは誰でもできるでしょう。

 

こういった真実の部分を覗きに行くのも、投資家目線です。

 

行ってみて、やはり衝撃でした。

 

道がガタガタなのは当たり前(>_<)


 

ニワトリを持ったおっちゃんが歩いてたり、、

 

その鶏肉をさばく、農民の女性。


 

私がちょっと苦手なパクチー畑。


 

たくましく生きてる子供達。


 

幼稚園にも入らせてもらいました!


 

そしてこれが村の井戸です。


 

話を聞いてみると、、

 

食べ物に困ってる状況ではないが、

 

やはりお金がなく、遠く離れてる中学や高校に通うことができない。

 

など、まだまだ教育水準を高められない現状ですね(>_<)

 

でも散らかってるゴミを拾ってキレイにするとか、そういう基本的な所を教える人がいないのかな⁈、と感じました!

 

 

総括すると、、

 

カンボジアの平均年齢は約25歳で、、

 

労働意欲に火が付くと、あっという間に成長する可能性を秘めている中で、

  •  そこそこ食べれて餓死することが少なくなってきている。
  • 年中比較的暖かいので、凍死する可能性が低い。

 

という部分が、もう一段レベルを上げていこうという思いに繋がらないのかと分析しました。

 

「死ななかったら、頑張るのはソコソコでいい。」

 

それは今の私も同じ状況です。

 

おそらくこの先、餓死も凍死もしません。

 

でも南極や北極マラソンの極寒の地、限られた食料で挑んだ赤道直下マラソンなど、、

 

一歩間違えたら餓死凍死の可能性のある所にわざわざ向かっていった経験を元に、、

 

日本人も含めて、どうしたらソコソコの状況化にいる人のヤル気に火をつけて、レベルを一段二段上げていけるのか!

 

このテーマで若い世代と接していきたいと思います\(^o^)/

facebookしてます!
Kenichi Okazaki | バナーを作成

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中